福岡の名産品ならあるばい。北九州のソウルフードならあるばい。猫好きならニャンとしても欲しいアイテムならあるばい。太陽の塔のオブジェならあるばい。猫印ミルクの雑貨ならあるばい。

北九州のソウルフード東筑軒のかしわめし

創業大正10年(1912年)
100年以上愛される北九州の伝統の味、名物『かしわめし』。

東筑軒のかしわめしとは

大正10年からの伝統の味、名物『かしわめし』。
福岡は、鶏の水炊きが名物になっているように、昔から鶏肉を好んで食べる土地柄です。
そこで鶏のスープの炊き込みご飯に、鶏肉と卵をあしらった『かしわめし』の原案を考案しました。
「鶏肉以上にご飯が旨い」と定評がある炊き込みご飯の味付けは、
秘伝として代々受け継がれ、絶妙な味のスープを作り出しています。

北九州のソウルフード「東筑軒のかしわめし」

100周年を迎えた東筑軒の「かしわめし」は折尾のご当地グルメとして、広く北九州市民、福岡県民に愛されています。
また、受け継がれた変わらない味は、北九州市の「食のブランド:百万の息吹」に認定されています。
駅弁アンケートで「うまい駅弁JR九州」でNo.1の実績があります。
かしわめしの命である味・風味・食感を解凍した際に保つために試行錯誤を重ね、最新の冷凍技術を用いて商品化されました。

お召し上がり方

解凍したかしわめしは一度軽く混ぜていただくとおいしさが増すので、3色のトッピングは別々に小袋でお付けしております。
お客様自身で後載せしていただく手間はありますが、お手伝い頂いて東筑軒のかしわめしが完成します。
◎電子レンジでの解凍も可能ですが、自然解凍がおすすめです。
◎お弁当として、朝かばんに入れて昼頃お召し上がりいただけます。
(自然解凍目安:25℃で4時間程度)
◎解凍した商品は3時間以内にお召し上がりください。(再冷凍不可:品質低下と食中毒の恐れ)

東筑軒のかしわうどん・そば

折尾駅の立ち食いうどん・そばとして、北九州を中心に皆様に親しまれてきた「東筑軒 駅のかしわうどん・そば」がそのままパッケージになりました。
東筑軒自慢の特製かしわ肉をトッピングに、程よい歯ごたえの麺とやや甘めの出汁が、どこか懐かしい優しい味わいの「かしわうどん・そば」です。
かしわ肉・濃縮出汁・うどんorそば麺がセットになっているので、ご家庭で簡単に「東筑軒のかしわうどん・そば」をお楽しみ頂けます。